なごや環境大学「春夏秋冬 有機菜園カフェ」夏

なごや環境大学の講座、
和LOHASの会が運営する「春夏秋冬 有機菜園カフェ」という
畑仕事の体験企画にスタッフ参加をしている。

7/11(日)に2回目が行われた。

1回目からまた参加希望者が増えて、
定員オーバーの人気っぷり。

会場となるのは、弥富市にある、虹の古民家『瀧玉の郷』というところ。
古民家を背景にした畑は、なんとも趣がある。

d0177849_12525761.jpg

今回は、1回目で苗を植えたトマトとなすの収穫と、
黒豆と人参の種まき。

今回撒いた人参の種は2種類で、
1種類は、小さな人参の種が撒きやすいようにと、
一粒一粒がコーティングされてラムネの粒のように加工されていた。

たしかに、粒が大きくなっているからつかみやすく、
固まって撒かれることがないから間引きの手間が省けて、種のロスも少ない。

うーん、種屋さんもいろいろ考えてる~と、驚き。


参加者は、名古屋市内のあちこちからやってくる。
土に触れる暮らしがしたいと思う人たちが、
本当に増えているんだなと、つくづくと思う。

こういう企画が人気になるのは、なんともうれしい。

和LOHASの会
http://konnichiha.net/
[PR]