いつもと違う眺め

平日の通勤は、始発駅の尾張瀬戸から電車に乗るので
必ず座っての通勤時間となる。
50分近いこの時間を、目をつむって
頭に浮かんでくることをぼんやり眺めている時間は、けっこう好きだ。
そのときの自分の気が向いていることが分かったりする。
(まあほとんどそのうち眠ってしまうわけだけど…)


今朝は、2、3駅過ぎたあたりでおばあさんが乗ってきたので座席を譲り、
久しぶりに明るい時間に立っての通勤となった。

立った途端に、いつもと同じ電車なのにすごく新鮮な気分。

いつもの眺めは人のお腹。
それが今日は、朝の街の静かでこれから一日が始まるぞーという空気に満ちた眺め。
気持ちがすがすがしくなり、
なんかいつも座っているのが、ちょっと損している気持ちにさえなる。


毎日繰り返していることも、
ちょっとした違いで、こんなにも新鮮に感じられるんだなあと
そんなことを思う通勤時間だった。
[PR]
by niwakalife | 2012-01-20 12:39 | 日々徒然