陶板の意匠

準備を進めている移転先は、
もとは美夜之窯という陶房だった場所。

そこここに、陶房であったことをうかがわせる
意匠が残されている。

d0177849_21200243.jpg
d0177849_21200537.jpg
d0177849_21200808.jpg

何十年もの時間のなかで、
すっかりここの風景に溶け込んでいて、
これらを据えた作陶家たちの気配が感じられるようだ。

そして、この場所を作ってきた時の連なりのなかに、
自分も入れてもらったようで、
うれしいやら、気が引き締まるやら。

私がここを引き継ぐことで、またどんな時間が流れていくんだろうか。

d0177849_21185101.jpg


[PR]