ひたすら床張り

ちょうどペンキを塗り終えたころに
床板が届いた。

どどーん。
d0177849_21155248.jpg
パイン材がオーク材。
目の前に仕事の山が積みあがった感じ。プレッシャー。


で、まずは練習も兼ねてパイン材の方から。
部屋の幅に材をカットし、板を並べ、白ボンドを下の合板に少しだけのせ、
タッカーで打っていく。
d0177849_21161392.jpg
d0177849_21162075.jpg
空気圧で釘が飛び出るタッカー。
初めての私はそのプシュッという音と反動にびびっていたけど、
そのうちに慣れていき、なんとか狙ったところに打てるようになった。

にしても中腰や膝立て姿勢で横移動を繰り返すので、
膝や股関節がどうにも疲れるし痛い。
これは足腰が鍛えられる。

なっちゃんも私も床張り初体験のため、
手探りの作業だったけど、
パイン材のを張る3部屋のうち、2部屋が無事に完了
1日は助っ人がひとり参加してくれて、都合2日間かかった。
d0177849_21163251.jpg


お次のオーク材を張る部屋は、もともと畳部屋だったのか、
ちょっと変わったことになっていて、
合板の上に厚さ4㎝の根太が渡っている。

まずはその間に断熱材のグラスウールを敷き込む。
d0177849_21224282.jpg

で、パイン材同様に板を張っていくのだけれど、
パイン材は幅13㎝、このオーク材は5.5㎝なので
張っても張っても進んだ感がないー。
しかも足場が悪く作業もしにくい。板は堅い。おまけに乱尺。

どうなることやらと思ったけれど、
それでも慣れてきて、なんとか進む。
d0177849_21224508.jpg

d0177849_21224784.jpg
オーク材、やっぱりいい。奮発した甲斐がある。
しばらくは無塗装でいき、様子を見てオイルを塗ってもいいかも。
こちらはひと部屋をふたりで2日間と少し。
明日、最後の2列を仕上げれば完了!


たまにはのせておこう。
今日のお昼ごはん。
ごはん、2種の芋のドライトマト炒め、四角豆のピーナッツ和え。
d0177849_21411435.jpg



[PR]