キッチンカウンター作り

住居スペースにキッチンカウンターを作る。


まずは土台を合板で作成。
d0177849_15483298.jpg


次にタイル張り。
コテで接着剤を塗り、
d0177849_15485600.jpg

タイルシートを貼っていく。
d0177849_15485119.jpg


蛇口まわりなど細部はシートを切って合わせてやりくり。
d0177849_15485445.jpg
隅や角など、できるだけタイルが美しくおさまるように調整するのだけど、
これがまた時間がかかる作業。
あっちを詰めればこっちが空いて、こっちを詰めれば…ときりがない。



それでも夜遅くにシート貼りが完了。
一晩置いて接着剤を乾かす。
d0177849_15553775.jpg

そして目地材入れ作業。
厨房の壁とカウンターでさんざんやったし
タイルのサイズが小さいとはいえ面積が小さいし、
一日あればじゅうぶん終わるだろうと一人で作業を始める。
d0177849_15554826.jpg
が、甘かった…。
目地材入れはそうでもないのだけれど、
そのあとの拭き取り作業にすごく手間がかかった。

スポンジを水で濡らしてぎゅっと絞り、
雑巾も使いながら、一つひとつのタイルの四隅がきれいに出るように
ぐいぐいと余分な目地材を拭き取っていく。
全体面積は小さいけどタイルの数が多いものだから、
これがもう大変。


腕と指がヘロヘロになる。
けど、少しずつタイルの姿があぶり出てくるようで、
ハマるといえばハマる作業。
午前中に初めて結局夜遅くまでかかり、なんとか完了。
d0177849_15555180.jpg
下に置いてあるのは、選りすぐりの給湯器とガスコンロ。
これらを置いたらさぞかし白タイルが映えるだろう。


このあと奥の壁と足にペンキを塗り、
流し台の下に棚板とタオルかけを取り付けて完成となる。
完成まであと一息!




[PR]