「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:瀬戸のこと( 10 )

瀬戸のやきものフェア「ユノネホウボウ2014」が、
今年も明日から3日間、開催されます。

私は、今年は出店はしないのですが、
実行委員として現場に3日間おります。

今年から、会場を
招き猫ミュージアム横のコインパーキング「Mパーク」と
それに隣接する末広商店街のニコニコ広場に移しての開催です。

出店者数も去年よりぐっと増え、
より見応えのあるやきものフェアになりそうです。

お天気があまりよくなさそうですが、
しっとりとした雰囲気のなか、やきものを見るのもいいかなと思います。
雨のあいまを狙って、ぜひお出かけください!

今年は、アートウォークホウボウも規模が拡大、
それにツタワルテシゴトも同時開催です。

---
ユノネホウボウ2014
2014.6.6(金)~8(日)10:00~17:00
会場:Mパーク、ニコニコ広場

Art walkホウボウ
2014.5.31(土)~6.8(日)
会場:銀座通り商店街、末広商店街

ツタワルテシゴト
2014.6.6(金)~8(日)10:00~17:00
会場:宮川モール






[PR]
山口駅の近くにある大好きなパン家さん「モンタナベーカリー」。

最近行けていなくて、久しぶりにパンを買いに行って見つけた、
ピンクレーズンの入った、ジュエリーレーズンパン。

ふつうのレーズンより柔らかくて、ジューシーなのだそうだ。
こんな色のレーズンは、初めてみる。

レーズンパンには目がないもので、もちろん購入。


ナイフで切ってみて、はっとする。
なんてきれいなんだろう。
d0177849_14512458.jpg


ちょっとずつ違う色目のレーズンが、
高加水のもちもちとした生地に、美しくきらきらと並んでいる。

子どもの頃、レーズンパンに入っているレーズンは
宝石みたいだと思っていたのだけれど、
これはほんとうに宝石だ。

そして、香りがとてもいい。甘くいちごにも似た香りが漂う。
味は、とてもフルーティーで、色目のようにベリーにも似ている。

うーん、これはおいしい!
レーズンパン好きには、たまりません。
[PR]
うちの近くにある、うどん屋「角松屋」さん。
家はもうすぐだというのに、
お腹の虫に負けて、ついつい暖簾をくぐってしまうこと、しばしば。

昔ながらの店内。
オーソドックスな味と、ありそうでないちょうどいい量。
瀬戸で好きなお店のトップに上がる。


で、かなり通っているというのに初めて気が付いたことがある。

それは、お客さんたちのほとんどが、
お会計をしてもらおうとレジの近くに移動したら、
「ありがとー」と厨房に声をかけるということ。
4人のうち3人はそうだ。

普通は、というか私は「ごちそうさまですー」と声をかけるけど。


そういえば、行きつけの喫茶店でも「ありがとー」の割合は高いかもしれない。


お金を払っているのはお客さんだけど、
でも、食べさせてもらったから「ありがとー」になる。

長くお店に通っているお客さんと、長くおいしいものを提供しているお店側の、
その長く培われた関係性があるから、
自然にそう口から出てくるんだろう。

それって、なんて素敵なことなんだろう、と感心した。

私も自分の店をオープンできたら、
長く人々に贔屓にしてもらえる、そういうお店を目指したいものだ。
[PR]
今年のせとものまつり。

作家さんたちの出展がきゅっと集まった
「せとものまつり作家テント村」が行われています。
待ってました!という感じです。
http://blog.livedoor.jp/k2ez-011/archives/6572666.html

場所は、末広商店街のコミュニティせと末広亭の隣。

大通りの喧騒から離れて、ゆったりと作品を見ることができます。
せとものまつりにお出かけになる方は、
ここを訪れないともったいないです。おすすめです!

銀座通り商店街から上にあがった“やきもの長屋”にある
ギャラリーくれいでは、「方々の豆皿 マシコ@瀬戸」展も開催中。
こちらも見逃せません。
http://claynagaya.blog102.fc2.com/
[PR]
瀬戸のやきもの長屋にある「ギャラリーくれい」で開催中の
安達健さんの"Noyaki"exhibition02へ。

7/14(土)、15(日)のには、“野焼きBar”と名付けられた
2日間限定のBar企画があり、私はそのおつまみを提供させていただいた。

で、友だちと一緒にお邪魔し、
しっかりお客さんとして野焼きBarを堪能。

d0177849_1812112.jpg

安達さんが実際に器を焼いているところを撮った映像が
壁に映し出されている。

少しずつ少しずつ器を動かし、火に近づけられていく。
そして火のなかへ。

その流れを見ながら、お酒とつまみをいただき、
作品を眺め、
野焼きをどういう風にされているのか、安達さんにお話しをうかがう。

d0177849_18254540.jpg
d0177849_182681.jpg


ギャラリーの外では、炭の上で野菜が焼かれていた。
自然と足が向かう。

どうして人は火のまわりに集まるんだろう。目も離せなくなる。
飛んで火にいる夏の虫っていうけど、
人間も火にはなにか、魅かれるものを感じるのかな。

火を眺めながら話したこと。
草や木、虫なんかが死に、腐り、分解されてやがて土になる。
その土から生まれる器と野菜。

それらと土との境界は。

いきものとそうじゃないものの境界は。

くっきりとした境界線なんて引けるんだろうか。
私たちはどうしても、あれこれに対して定義付けし、
名前を知りたがり、線を引きたがる。
あいまいなこと、ものに、ついつい不安を感じてしまうから?

何かから何かに変化する、生みだされる、
そのあいまいなことの連続のなかの一瞬一瞬が、
説明のしようのない真実だったりする。

野焼きBarで生まれた会話からそんなことを考えたりした。
器をつくる人たちは、きっと土のことをよく考えるんだろう。
土といえば、木や野菜を育むものとしてが大きかったけれど、
そうか料理を盛る器も、野菜と同じところから生まれたんだ。

"Noyaki"exhibition02は、7/30まで開催中。
土のような木のような安達さんの器が並んでいます。
ぜひお出かけください。
[PR]
ユノネホウボウ2012の1週間前からスタートした
ArtWalkギンザホウボウへ出かけた。

尾張瀬戸の駅ビル、パルティせとから銀座通り商店街の10店舗に
飾られた陶やガラスのアート作品を巡るイベント。

実行委員のミーティングのときから、
いつもの銀座通りがどんな風に見えてくるのか楽しみだった。

家から近い「ギャラリー太陽」から歩き始め、
遅く出かけたため「かわらばん家」で時間切れ。
d0177849_1811456.jpg

d0177849_1832985.jpg
d0177849_1831441.jpg
d0177849_18343100.jpg
d0177849_1842889.jpg
d0177849_184818.jpg
d0177849_1845517.jpg
d0177849_1842689.jpg


それぞれ作品の近くには陶でできたスタンプがあり、
作家さんのお名前と、お店にちなんだデザインの印面。これを台紙に押していく。
d0177849_1863016.jpg



d0177849_1881825.jpg

スタンプをぜんぶ集めてゴールの「やきもの長屋」にある
「ギャラリーくれい」に台紙を持っていくと記念品がもらえる。
これ、先日のミーティングで見せてもらったけど素敵。


のんびりぷらぷら、作品を、お店を、見て歩く。
作品を見ていると、お店の人も私を見ている。
ただアート作品を見るのとも、買い物に歩くのとも、両方ともちがうこの感じ。
なんかこう、いつもの商店街に奥行が出たような、そういう感じだ。


===
Art Walkギンザホウボウ
2012.6.2(土)~6.10(日)
START:パルティせと~GOAL:ギャラリーくれい
[PR]
昨年出掛けたらとてもよかったユノネホウボウ

今年は、6/9(土)、10(日)に開催予定。

今年は私も実行委員会に加えていただき、
月1回のミーティングに参加しております。


ギリギリのお知らせになってしまいましたが、
やきもの出展、飲食出店、Art Walkギンザホウボウ出展者を
募集中です。

いずれも申込み締切り間近です。
郵送の場合は23日(金)必着、Eメール・直接持込みは24(土)18:00まで。

詳細は、こちらをご覧ください。
 ユノネホウボウ2012 http://houbou.exblog.jp/


今年はどんな2日間になるんでしょう。
今からとても楽しみにしています。
[PR]
6月11日、12日に瀬戸のやきもの長屋で行われた、
ユノネホウボウ2011へ出掛けてきた。
ギャラリーくれいさんのあるやきもの長屋は、
瀬戸のなかでも好きな場所。

昔の学校の校庭のような場所。
そこを会場に、瀬戸をはじめ、多治見や常滑からも
陶磁器作家さんたちが集まって、出店していた。

d0177849_19121531.jpg

d0177849_19122471.jpg

ほんと、いつきても好きな雰囲気が流れてる。
d0177849_19123370.jpg

d0177849_19124760.jpg

お昼ごはんは、カフェ温土さんのビビンバと果実酢ソータ。
さっぱりとしていておいしいビビンバ。
果実酢は、スパイス入りを注文。好みの味で、すごくおいしかった。
d0177849_19125813.jpg

陶器づくりのワークショップなんかもやっていて、
お客さんと出店者の垣根があまりない感じが、とてもいいなあと思った。


遠くに行かなくても、こういう場が瀬戸で行われることが、
すごく嬉しい。
瀬戸物の本場の瀬戸だというのに、
作家さんの顔を見ながら器を手にとれるこういう機会というのは、
本当に少ない。

瀬戸や多治見、常滑という
東海エリアの陶磁器産地の作家さんたちが集うという場だって、
きっとめずらしいんじゃないだろうか。

作家さんたち自らが、このイベントをつくっている感じも伝わってきて、
それがまたいいなあと思う。

あまり大きくなり過ぎずに、
このちょうどいいサイズ感を持ち続けてもらえたら、いいなあ。

まわったお店をほぼ記憶できるくらいの、ちょうどいいお店の数。
選択肢が多過ぎないから、消費意欲を無駄にくすぐられない。
だからちゃんと、自分自身の感覚で、好みの器を選びとれる気がする。

来年もまた、楽しみだ。


やきもの長屋さんが好きな理由の大事なひとつは、
その道すがらの町並み。
大好きな窯垣がごく普通に町並みに根付いていて、
建物もいい古さが残っている。
心から、残って欲しいなあと思う風景がたくさんある。
d0177849_1913658.jpg

d0177849_19131117.jpg

d0177849_19131661.jpg



プランターに育つニゲラ。好きな花。
d0177849_19132142.jpg

d0177849_19132661.jpg

[PR]
瀬戸の工房めぐりの催し「ゆるり 秋の工房めぐり」へ出かけた。

窯元の集まる赤津・品野・水野の3つのエリアのうち、
品野と水野をめぐった。


まずは品野へ。

d0177849_19132383.jpg

名前を失念してしまった工房。
屋根瓦が印象的。

d0177849_19164958.jpg

焼く前の器がずらり。

d0177849_1918024.jpg

d0177849_19182158.jpg


d0177849_19171972.jpg

駐車場に敷いてあったレンガ。
アルファベットなんかが刻印されていて、かっこいい。


次は水野エリアへ。

d0177849_19281734.jpg

渥己窯さん
ワクワクする入口の表情

d0177849_19284286.jpg

味わい満点なダルマストーブ

d0177849_1930175.jpg

器とともに、板には道具やこまごましたものが乗せられ、
絶妙なバランスを保っていたのが、おかしくて仕方ない。
それなのに、おじさんはホイホイと板を引き抜いていた。

こちらでは、陶器の一輪挿しを購入。


お次は、椿窯さんへ。

もう夕方で終わってしまっていたところを、
中へ入れていただいた。

BGMはジャック・ジョンソン。
対応してくださったのは、
おしゃれな皮ジャン姿の窯元2代目。

この2代目が作られる器にピピンときて、
グリーンがきれいなプレートと、黒の大鉢を購入。

「瀬戸の人にこそ窯元めぐりをして欲しいと思ってるんですよ」、と2代目。



きれいに見せるために作られた風景ではなく、
人の働く現場のなかにある、美しく味わい深い風景。

初めてゆっくりと窯元をめぐってみて、
あらためて瀬戸の魅力を感じた。

お店で器選びをするだけでは見えてこない、
窯元の風景に出会えるのは、窯元めぐりならではだ。


椿窯さん
ホームページ http://www.tsubakigama.com/index.html
2代目のブログ http://tsubakigama3.blog114.fc2.com/
[PR]
友人のウェディングパーティーに向けて、
大皿を買いに、その友人とともに瀬戸の食器問屋さんへ。

d0177849_1551484.jpg

スズカさん
友人が瀬戸で活動していたころからお世話になっているという。

万博のときに使っていたいくつかのお皿も、スズカさんで買ったらしい。

建物のなかに入ると、上から下まで見渡す限り、お皿お皿お皿。
家庭用のものから業務用までなんでもそろう。
こういういい食器を幅広く揃えていてくれる問屋さんに出会えて、
しかもひょいと行ける距離にあるなんて、
瀬戸に暮らしていてこそのこと。

今回は、業務用の大皿を数種類。
ずいぶんとまけていただいた。

d0177849_1553041.jpg

買ったお皿を包んでいただいているところ。
私が子どもの頃に亡くなった
うちのおじいちゃんにそっくりのご主人がいらして、
なんだかうれしかった。

d0177849_1533519.jpg

で、我が家へ場所を移し、お皿を試してみよう、と
大皿盛りカレー!

パーティーで新郎のお友達から送ってもらう、
大分の地鶏をカレーにして試食。

噛むほどに味がじわじわと出てきて、なんともおいしい。


かっこいいお皿たち。
料理を盛りつけたら、きっと映えるだろうなあ。
あー、楽しみ。ますますパーティーモード。

がんばるぞー。
[PR]