カテゴリ:イベント・出店など( 20 )

AALTOさんという素敵なギャラリーの入っている
日陶連原料ビルで3月からスタートした日陶連マルシェに出店します。
d0177849_15021464.jpg
私はお弁当をご用意する予定です。

こちらは何年か前に
お月見コンサートへケータリングをさせていただいたところ。
素敵な場所でした。


お天気がよければきっといい陽気。
どうぞお出かけください。



[PR]
ものすごく直前のご案内になりましたが、
明日から瀬戸で行われる「ゆるり秋の窯めぐり」の
品野エリアに出店します。

天気予報では曇りのようではありますが、
秋の一日をどうぞ瀬戸へお出かけください。

ごはんとお菓子、お飲みものをご用意して
お待ちしております。


ゆるり秋の窯めぐり

庭禾の出店詳細
・出店場所品野エリア:水義製陶所駐車場
・出店時間:10時ごろ~16時
・メニュー:
  チリビーンズ&ライス
  黒豆とくるみのブラウニー
  紅玉と白いんげん豆の麦みそケーキ
  ドリップコーヒー
  紅茶




ブラウニーを仕込み中
d0177849_15121431.jpg

焼けた!
d0177849_15121827.jpg




[PR]
今月は、瀬戸で行われる2つのマルシェへ
出店いたします。

庭禾は、デリやごはんものを中心に用意しようと思っています。

どちらも瀬戸の作り手が集うマルシェ。
のんびりお買い物をするのに気持ちのいい季節です。
どうぞお出掛けください。

Easyマルシェ 一年祭
日時:2014年5月6日(火・祝日)10:00~15:00
場所:祥雲寺(瀬戸市上品野町665)
*Facebook〈Easyマルシェ〉
d0177849_16255823.jpg

○Seto bitoマルシェ
日時:2014年5月17日(土) 11:00〜15:00
場所:ringo@sweets factory one (瀬戸市みずの坂3-135)

Facebook〈seto bito marche〉








[PR]
今年も瀬戸のやきものフェア「ユノネホウボウ2014」の出展者募集がスタート。
イベントは、6/6(金)~8(日)に開催します。
d0177849_13093633.jpg

私は実行委員となってこれで3年目。

今年は会場が新たな場所になるので、
またちがったイベントになるだろうと思います。

そして今年は、
昨年も行ったArtwalkホウボウの会場が銀座通り商店街と末広商店街に広がり、
また宮川モールで行われるツタワルテシゴトも同時開催。

瀬戸に陶器あり。
そして食べ物あり、手工芸あり、アートあり。
もりだくさんです。

駅を降り、ぶらぶらと歩きながら瀬戸での時間を楽しむ人が
たくさんいてくれるといいなと思います。


そして今年から、ユノネホウボウ サポーターの募集もしております。
年々、出展者もお客様の数も増えているユノネホウボウですが、
より多くの方に、よりよいやきものとの出会いをしていただくために、
資金面からのサポートをしていただける方を募ることとなりました。
ぜひ、皆さまのお力添えをいただけると嬉しいです。

詳しくは、ホームページをご覧くださいませ。
ユノネホウボウ2014 ホームページ



[PR]
大ナゴヤ大学さんの授業で、
鬱蒼農園さんの長ネギを食べ尽くす料理教室をさせていただきます。
(受付は終了しています)

ネギ満喫日和
~冬の甘いネギの収穫&料理教室~
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/235

2014年1月18日(土)10:00~15:00
@道泉地域交流センター


ということで、これほどネギを食べたことがあるだろうか、というくらい
正月からネギ三昧の日々を過ごしております。
おいしいレシピを作成中です。

どんな授業になるか、楽しみです。







[PR]
ユノネホウボウ2013、終了しました。
実行委員&出店というかたちでの関わりも今年で2年目。
d0177849_13583259.jpg


今年から3日間の開催となり、
長いぶん、お天気も心配でしたが、
1日目の夕方豪雨を除いては梅雨とは思えない、いいお天気。

2日目などは暑くてたまりませんでしたが、
たくさんに方にお越しいただき、
ユノネホウボウらしい、和やかな3日間となりました。


イベントスタート前の様子。
さあ始まるなあと、みんなどことなくそわそわ。
d0177849_13593314.jpg


こちら庭禾ブース。
おニューの家型黒板は、
店番も手伝ってくれた家具職人の酒井名月ちゃん作!
d0177849_1402268.jpg


今年のメニューは、デリランチ。
ごはんに、お好きなデリを5種類のなかから3つ選んでいただき、
出展作家さんたちの器に盛り付けました。
野菜はもちろん、瀬戸の有機農家「鬱蒼農園」さんのを中心に。

1日目。
d0177849_14277.jpg

d0177849_1421738.jpg


2日目。
d0177849_145158.jpg


1日目と2日目、作ったデリは合わせて8種。
・金時豆のチリビーンズ
・厚揚げのドライカレー
・豆サラダ
・新玉ねぎのミントサラダ
・新じゃがとズッキーニのローズマリーロースト
・野菜のロースト 香草パン粉がけ
・季節野菜のタブリ
・新じゃがときのこのサブジ

ごはんには、1日目はセロリ葉のふりかけ、
2日目はアーモンド&ペッパーのふりかけをかけました。
これにコーンブレッドも別売りで。


こちらは、2日目に行われた懇親会の様子。
多治見のカフェ温土さんと、瀬戸の窯横カフェさんに
お料理をお願いしました。
すごい種類と量の料理!料理!料理!

d0177849_14164362.jpg

d0177849_14165639.jpg
d0177849_1417224.jpg



ユノネホウボウは、やきもの作家(私は料理人ですが)自らが
作っているイベント。
イベントに関しては素人だし、至らない点もたくさんあって、
改善し、よりクオリティアップをしなきゃいけないところも
たくさんあるのだと思う。

けれど、やってる人間全員が本当にやりたくてやっていて、
自分も出展するが、
ほかの参加者の出展も同じように、いやもしかしたらそれ以上に
大切に考えている。

そしてもちろん、お越しいただく方々に、
少しでもいい出会いがあるように、楽しめるようにと考えている。

それをやりたい。
と、関わる人間全員が思ってやっている。

そういうことというのは、本当にかけがえがなく素敵なことだ。


ユノネホウボウは、来年から会場を移します。
新たな場所で、また新たなイベントになることと思います。

お越しくださった方々、ご参加いただいた皆さま
どうもありがとうございました!
[PR]
今年もユノネホウボウの季節がやってまいりました。
d0177849_16371233.jpg


私、堀田は実行委員をさせていただいており、
昨年に引き続き、今年も出店いたします。
庭禾の出店日は、3日間のうち土日の2日間です。

今年も素敵なやきものを創られる作家さんたちが
出展者に名前を連ねています。

会場となるやきもの長屋は、本当にいい場。
ゆったりとやきものを眺め、おいしいものを食べ。
きっといい週末になると思います。

皆様ぜひ、お越しくださいませ。

ユノネホウボウ2013
2013年6月7日(金)~9(日)10:00~17:00
@愛知県瀬戸市 湯之根やきもの長屋敷地内

d0177849_16381051.jpg

[PR]
イベント「歩こう!文化のみち」で行われた
陶磁器会館企画に一日カフェとして参加させていただきました。

昭和7年に建てられた陶磁器会館にちなみ、
カフェの名前は、「CAFE7 since1932 Powerd by 庭禾」に。

d0177849_12424131.jpg

築80年の建物は、映画のセットに使われているように
重厚ながら、そここに繊細な意匠が施されていて、
そこにいるだけで背筋が伸びるような空間。

こういう建物が残されていて、しかもこうしてしっかり使えるというのは、
本当に素晴らしいことだと思います。

d0177849_12432896.jpg

d0177849_12431593.jpg

友人たちとのカフェ出店は、いつもながらワクワク。
庭禾で縫いもの企画をしてもらっているココロミことろみちゃんも参加です。
シャツとろみちゃん手製のエプロンで揃えたのですが、
エプロンを撮り忘れた・・・!


午前と午後には、名古屋学院大学の増田教授による蓄音機コンサート。
d0177849_12465823.jpg

d0177849_12474053.jpg

d0177849_1247541.jpg

こちらは、蓄音機と先生によるチェロのセッション。
素敵過ぎます。

増田先生と初めてお会いしたのは、もうかれこれ6年程前でしょうか。
長野に暮らしていた頃、友人の家でお会いし、
生まれて初めて蓄音機の音というものを耳にしたのです。
古い日本家屋の家に響き渡る初めての音。
ぜんまいが動力で、レコードの溝に音が刻み込まれていて、
そこから音が出る。

頭では分かっても、もう不思議というか衝撃というか。
今も忘れられない出会い。

d0177849_12514452.jpg
d0177849_12515345.jpg

コンサートを終え、くつろぐ先生。まるで自宅!
先生はどこでも自分の世界をつくっちゃうよなあ。


素晴らしい空間、蓄音機の音。
そんななかでのカフェ出店は、もうただただ幸せ、の一言。

素晴らしい機会をいただき、感謝です。

ありがとうございました。
[PR]
名古屋城から徳川園にいたるエリアは「文化のみち」と名付けられ、
イベントや建築遺産の保存や活用に取り組んでいます。

来る11月3日(土)文化の日には、
このエリア一帯で様々な催しが行われる
「歩こう!文化のみち」が開催されます。

その会場のひとつ、陶磁器会館で
庭禾の一日限定カフェをオープンさせていただくことになりました。

d0177849_21541050.jpg
d0177849_21544838.jpg

陶磁器会館は昭和7年に建設された、
まるで映画のセットのような素晴らしい建物。
2階のダンスフロアのような空間でカフェを開きます。

蓄音機の生演奏や、陶磁器の上絵付け実演、
愛知商業高校の研究発表なども行われます。


ゆったり歩くのに心地のいい季節。
ぜひお出かけください。


歩こう!文化のみち
http://arukou.higashinet.net/

陶磁器会館
http://nagoya-toujikikaikan.org/event/1103.pdf
「CAFE7 since1932 powered by 庭禾」
9:30~16:00
ライスカレー、ピタパンサンド、スイーツ、飲みもの など
[PR]
にわか宵ライブ vol.2 インド音楽とリラクゼーション
を行いました。

ゲストは、vol.01に引き続き、LILY&サイトウ尚登さん。

今回もいくつもの楽器がスタンバイ。どれもきれいです。
d0177849_21361013.jpg
d0177849_21362066.jpg


d0177849_21364976.jpg

今年のインド旅では、北西部のパキスタンとの国境にも近いエリアを
訪れ、砂漠の民の音楽に触れてきたお二人。

当日は、予想通りの雨の夜となりましたが、
外の雨と、お二人の音と言葉のつくる砂漠の世界の
その対比がとても際立つようでした。

d0177849_213742.jpg

雨音がしているのに、部屋のなかはみんなの熱気がこもり、
リリーさんの語りによって、
外の世界とはくっきりと線が引かれるように砂漠の世界に包まれて、
とても不思議な感覚にとらわれました。


d0177849_21393822.jpg

第2部は、リラクゼーション。
ヨガのインストラクターでもあるリリーさんのガイドによって、
みんなで寝転び、声を出したり、音を体に届けたり。
寝転んで聞くお二人の音は、また違う響き方をしていたようです。


d0177849_2143595.jpg

そして、最後に庭禾ごはん。
前回のときにお聞きした、インドのアシュラムスタイルを真似て、
みんなで向い合せでいただきました。
これ、おもしろかった!

d0177849_21402856.jpg

暗くてだいぶブレていますが・・・、
この日のメニューは、
・うずら豆のファラフェル 豆腐マヨネーズ
・人参と玉ねぎのミントマリネ カルダモン風味
・ズッキーニ、セロリ、押麦のサブジ
・三分搗きごはん バジルの葉っぱのせ

でした。
食後のおやつは、小豆あんとバナナをくるんだスパイシーな春巻き風。
飲みものは、赤紫蘇サイダーでした。


今回もまた、とびきり素敵な宵ライブとなりました。

雨音とインド音楽。砂漠への旅。
お二人と集うみんなのつくる空気。

一夜かぎりの、という言葉がふさわしい、
特別なライブだったと思います。

リリーさん、なおとさん。
そしてお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました!
[PR]