「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:食べもの( 63 )

今年も味噌仕込みの季節がやってきた。

鬱蒼農園のお母様と味噌を仕込むのも、
これで何年目になるんだろう。

いつもの面々に新メンバーも加わり、
今年もにぎやか。


お母様の手配してくださる麹。
いろんな人のを注文するので業者並みの量。
d0177849_21145598.jpg

3種の麹を合わせた田舎味噌を10kg。
米麹のみの米味噌を4kg仕込んだ。
d0177849_21145974.jpg

そしていつもおいしいお昼ごはん。
d0177849_21150314.jpg

素晴らしくおいしくて感動したのが、
このかぶら漬け!
d0177849_21150864.jpg

お母様お手製の甘酒に
鯖を挟んだかぶが漬けてある。
うーん、たまらない!
d0177849_21150642.jpg

何年かずっと大豆や麹、塩の配合を少しずつ変えてきていた。
自分の求める味噌の味は、いったいどこにあるんだろうか、と。

そして去年、あ、これかも!というところに行きついた。
これはほんとうにうれしいことだった。

なので今年は、初めて前年とまったく同じ配合、ということになった。
もしや私の味噌の味ができていくのか?
なんとも感慨深いことだ。

今年もおいしくできますように。





[PR]
by niwakalife | 2015-02-19 21:18 | 食べもの
d0177849_21443746.jpg
閉店する古い料亭からもらってきた、
燻製器と思われる銅製のさんかく頭。

おそらく、だったけど、
やってみてこれは燻製器に間違いないと確信。
なにかパーツが足りないような気もするけど、
ひとまずやってみる。

カセットコンロの上にさんかくを置き、
アルミホイル→スモークチップ(今回はヒッコリーを)→
さんかく頭についていた穴あきの銅板→
買ってきた焼き網→食材  の順でのせる。

食材は、初心者向けの
ソーセージ、プロセスチーズ、半熟卵、塩鮭。

外でビール片手に枝豆をつまみながら、
スモークのいい香りをかぎながらできあがるのを待つ。

この待たないと食べられないのがいいところ。

そして、めでたく燻製のできあがり!
d0177849_21472596.jpg
d0177849_21472789.jpg
どれもこれも、とってもおいしい。
これはやみつき。

ワンランク上の食材にもトライして、
燻製、マスターしたい。






[PR]
by niwakalife | 2014-08-16 21:50 | 食べもの
夏の間、いちどは必ず食べたい
とうもろこしごはん。
d0177849_09460848.jpg
皮を2枚くらいとひげを残したまま米の上にのせ、
そのまま炊く。
こうすると皮や軸の香りや甘味もお米に移る。

炊けたら実をはずして混ぜるだけ。

d0177849_09461094.jpg
私は塩とたっぷりこしょう、刻んだバジルの葉をのせて
食べるのが大好き。食べ過ぎ注意だ。

夏になると、これを食べないと気が済まない私。



[PR]
by niwakalife | 2014-08-11 09:49 | 食べもの
d0177849_12151288.jpg
土用といえば、私の場合は鰻よりも梅。
風が吹くたびに、甘酸っぱい香りが漂う。
口のなかに唾液が満ちる。

今年の梅干しづくりは、母担当に。

去年は8kg漬けたけど、今年は梅3kg。
毎朝一粒、白湯に入れて飲むのが習慣で、
これで一年間、足りるだろうかと少々不安にもなる。

が、量は少ないけど今年は大粒。

どうぞ太陽の光を存分に浴びて、
私たちの毎日を支えてくれる頼れる梅干しになってくださいな!










[PR]
by niwakalife | 2014-07-24 12:21 | 食べもの
ここのところコーディアルづいている。

すでに始まっている夏の暑さを、
暑いのもいいもんだと思わせてくれる、冷たく甘く酸味のある飲み物。

普段は甘い飲み物はほとんど飲まないけれど、
うだるような暑い日に飲む甘いものというのは、ほんとうにおいしいのだ。

レモンのコーディアルに引き続き、
黄梅のコーディアルを作った。


種を取り除き、糖類を混ぜて水分が出るのを待つ。
きび砂糖をメインに、せっかくのきれいな色を残したくて、
少し白砂糖も混ぜた。
d0177849_10253382.jpg


皮を漉す。
d0177849_10253482.jpg


漉したどろどろとした液体を軽く煮沸して完成。
桃のような、けど甘酸っぱい香りがたち込めて、たまらない。

たくさん作ったので、半分以上は冷凍庫へ。
夏のあいだ、十分に楽しめそうだ。


グラスにコーディアルを入れて氷を少し。
d0177849_10253891.jpg


炭酸で割っていただく。
水でもおいしいし、お湯で割って寒い季節にも楽しめそうだ。
d0177849_10254218.jpg



色づいた透明の液体を見ているだけでも
暑さをふっと忘れられる気がする。
d0177849_10254086.jpg

[PR]
by niwakalife | 2014-07-12 10:33 | 食べもの
ユノネホウボウに毎年出店しているkohaさんで飲んだ
レモンサイダーがすごくおいしかった。

作り方を教えてもらったので作ってみる。

無農薬レモンをスライスして一晩凍らせ、
氷砂糖と交互に詰めて溶けるのを待つだけ。
氷砂糖はてんさい糖を原料にしたものにしてみた。
d0177849_09401651.jpg
で、コーディアルの本に載っていたのをこれまた真似して、
庭のラベンダーの花をドライにして加えてみる。
これはお茶パックに詰めて加える。
d0177849_09405191.jpg

ラベンダーの紫がレモンの酸と反応してピンクになるのだとか。

d0177849_09405878.jpg
レモンと半透明の氷砂糖の層。なんてきれいなこと。
暑過ぎるのは困りものだけど、
こういう飲み物は暑い季節をいいものだと思わせてくれる。

できあがりが楽しみだ。

d0177849_09405485.jpg





[PR]
by niwakalife | 2014-06-19 09:45 | 食べもの
空豆、グリーンピース、スナックエンドウ。
この季節は豆シーズン。

今年はいつも以上に、おいしい豆をたくさんいただいている。
自分でも食べているし、
料理教室やケータリングなどにもどんどん使っているのだ。

フレッシュな緑の豆があるだけで、
まわりまで瑞々しくなっていく気がする。


d0177849_10541983.jpg
ある日のお昼ごはんは、
空豆と出始めのズッキーニ、アンチョビでパスタに。

[PR]
by niwakalife | 2014-06-02 10:54 | 食べもの
前の職場の歓送迎会のような食事会。
職場やお仕事でお世話になった方々へ
お礼の気持ちを込めてお菓子を用意。

食事会は、コレマデとコレカラの会、という名前だった。
ストレートで、らしい命名。

シールには会の名前にちなんで、
ARIGATO-YOROSHIKU と印字してみた。

d0177849_17341886.jpg
焼いたお菓子が、
袋に詰まって収まっていく感じは楽しい。




[PR]
by niwakalife | 2014-05-10 17:34 | 食べもの
サンドイッチのなかでも特に、
ホットサンドに私は目がない。

が、久しく自分では作っておらず、
届いたばかりのアスパラと、福岡で買ってきた手作りスモークハムで
久しぶりに作った。

d0177849_13524140.jpg
材料だけですでにおいしそう。

d0177849_13531447.jpg
焼いておいたアスパラを大胆に並べ入れ、
カマンベールチーズものせ、ぎゅっとフタをする。
このぎゅっという感じが、いい。

d0177849_13531765.jpg
フタを開けたときの、このきつね色に
食欲がそそられない人がいるだろうか。
d0177849_13532093.jpg
うーん、うまい!!



[PR]
by niwakalife | 2014-05-05 10:16 | 食べもの
ここのところ、久しぶりにきんつば作りが続いている。
今日は少し小さ目にコロコロと。

きんつばは、何度作ったって飽きることはない。
心底楽しい。

d0177849_15371984.jpg
d0177849_15334127.jpg
d0177849_15334462.jpg
d0177849_15334647.jpg

[PR]
by niwakalife | 2014-04-26 15:38 | 食べもの