<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

野菜と豆と雑穀のにわか料理教室

11月と12月のメニューをお知らせします。

鬱蒼農園さんからは、
かぼちゃにさつまいもに小松菜・・・、と
続々と秋冬野菜が採れ始めたよ、の声が届いています。

今年の秋冬野菜は、どんな味わいでしょう。
とっても楽しみです。

お申し込み、お待ちしています。

-------------------
vol.03 11/7(日)

立冬 つばき始めて開く

実りの秋は、オーブンと煮込み料理のはじまり。
熱と時間の力がおいしさの源。

MENU
○里芋のアボカドソース焼き
○ほうれん草と蒸しきのこの和え物
○長ねぎといんげん豆のスープ
○さつまいもと煎り大豆の炊き込みごはん


vol.04 12/19 (日)
大雪 鮭群がる

誰かと集い語らうときにぴったりのおもてなしメニュー。
寒さに増してゆく、野菜の甘みを堪能。

MENU
○冬野菜の高きびトマトソースピザ
 *ピザ生地からつくります。
○焼きかぶと白菜のレモンマリネ
○かぼちゃの豆乳ポタージュ


※メニューは都合により変更となる場合があります。
 ご了承くださいませ。
[PR]
10月にある友人のウェディングパーティーに向けて、
手作りビールに着手中。

第1弾は、ベルギーの黒ビール。
第2段は、ニュージーランドビール。

d0177849_2313525.jpg

ネットでキットを購入。
温度管理さえちゃんとできれば、
作り方はとても簡単。

試作品は上々の味わいで、
こんなに簡単にできるのかー、とビール党は感激した。


d0177849_23133061.jpg

麦芽&ホップのエキスを砂糖とともに熱湯に溶かす。
これが原液で、ここに水を足していき、
水面にイーストをふりかける。


1次発酵は1週間くらい続くのだけれど、
夜、「プク。ポコッ。」と、
容器から出たホースから二酸化炭素がささやいて、
生きてるー、とつくづくと思い、なんだか感心して愛着がわいてくる。


1次発酵が終わったら、瓶詰め。
d0177849_23141280.jpg

家内制手工業のビール工場みたい。


さあどんな味になるのか、乞うご期待!
[PR]
by niwakalife | 2010-09-25 22:53 | 食べもの
今年は、小庭のバジルがずいぶんと虫にくわれてしまった。
暑さのせいだろうか。
去年はピンピンとしていたのに。

d0177849_944879.jpg

葉っぱをぜんぶ採り、
今年2瓶目のバジルペーストを詰め、キュッとフタをしめたら、
なんだか今年の夏にもフタをしてしまったようで、
しみじみと、少しばかりさびしい気持ちになった。


去年のバジルペーストが、まだ少し残っている。
去年のバジルで今年の夏の終わりを堪能することにしよう。

今年のバジルペーストは、
10月に控えている、友人のウェディングパーティー用。

秋ナスのジェノベーゼマリネになる予定。
[PR]
by niwakalife | 2010-09-25 09:44 | 食べもの
今年の夏の目標のひとつだった、表銀座の縦走。

けれど4日間の休日はなかなかにとれず、
1泊で表銀座の半分くらいを歩くことに。

【コースタイム】
1日目 9月19日
8:00 穂高駅〈定期バス〉
9:00 中房温泉登山口 出発
11:20 合戦小屋
12:20 燕山荘 − テント設営
13:20 テント場
13:40 燕岳山頂(2763m)

2日目 9月20日
8:40 テント場
11:40 大天井岳(2922m)
13:30 常念乗越
16:10 一ノ沢登山口


1日目


青い空に雲がぷかぷかと浮かび、いいお天気。
中房温泉登山口の駐車場からは車があふれ、
路駐が多くてバスは通るのがやっと。

バスにして正解だった。

d0177849_13293836.jpg

上に登るにつれて山肌は少しずつ色づき始めていて、
空気はひんやりと清々しく、なんとも気持ちのいい初秋の山行。

ここから先の写真は、懐かしの「写るんです」!
d0177849_13302294.jpg

燕岳
白い岩肌は、夕焼け前の日射しにピカピカと光ってた。

d0177849_13323036.jpg

槍ヶ岳はすぐそこ。
立山、北アルプスの峰々、南アルプス、八ヶ岳・・・。
ぐるりと見渡せる、絶景の眺め。

d0177849_13372795.jpg

テン場はぎゅうぎゅう。

d0177849_13385283.jpg

晩ごはんは、干し野菜と厚揚げのトマトカレーに、かぶのポトフ。うまい!

d0177849_13395787.jpg

あったかい紅茶を飲みながら夕焼けを眺める。
刻々と変化する光と雲の色は、本当に素晴らしい。
ぐるっと見渡せるあの山この山。
どの山の上でもこうしてみんなが夕日を眺めているんだろう。
雲上巨大シアターだ。


夜更けから雨が降り始め、あきらめてこのまま降りようかあ、と
テントのなかで二度寝&読書でバスの時間までのんびり。
が、雨が止みはじめて光も射してきたので、
ひとまず大天井を目指すことに。

d0177849_13455337.jpg

大天井への稜線歩き。
歩き始めると、三俣蓮華の上あたりに虹が!

d0177849_13502916.jpg

d0177849_13504810.jpg


d0177849_1351539.jpg

やっぱり行ってしまおう!ということで、大天井から常念を目指す。
大天井を出るころから、あたりはガスに包まれて全然見えない。
出発が遅かったので、真っ白の世界を急げ急げとハイペースで歩く。

常念乗越で一息。お湯を沸かして行動食をつまむ。
時間もないし、なんにも見えないだろうから、頂上は断念。
またのお楽しみにしよう。
小屋でタクシーを予約。

d0177849_13534921.jpg

一ノ沢へ、沢沿いをずんずん下る。
降りてしまうのが淋しいけれど、急がなきゃ。

タクシーの前を小熊が通った。
今年はどんぐりが少なく、ずいぶんと熊が里に降りてきているそう。
今年も熊の事故が多くなってしまうだろうか。

温泉は、常念小屋で割引券をもらった常念坊へ。500円−100円で400円。


暑さがおさまっての連休だからか、燕はたくさんの人。
まばゆい山ガールたちと、小さな子どもも多かった。

2日目は雨に降られたけれど、
久しぶりに気持ちのいい雲上キャンプに大満足。

眺めてしまうと、次は裏銀座に行きたくなるなあ。
[PR]
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室vol.04の
日程を以下に変更させていただきます。

vol.04 12月19日(日)

vol.03は、11月7日(日)です。


メニューが決まりましたら、またお知らせします。
[PR]
夏野菜も
そろそろ終わりが近づいているのだろうな。

終わるとなると急に名残惜しくなる。


d0177849_12344919.jpg

茄子、胡瓜、南瓜、ゴーヤを干した。

d0177849_1235354.jpg

夕方にはきゅーっと縮んでいる。


今回は、山の食糧用に半生状態にしたけど、
次回はカラッカラになるまで干して、
夏の味を保存しようかな。
[PR]
by niwakalife | 2010-09-10 12:36 | 食べもの
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室の今後の予定です。

9月、10月はお休みとさせていただき、
次回は11月となります。

vol.03 11月7日(日)10:30〜13:30
vol.04 12月5日(日)10:30〜13:30

各回のメニューは、決まり次第お知らせいたします。

次回は秋も深まり、冬の気配のしてくるころ。
土の香りのするおいしい根菜と、冬が本番の葉物たちができるころ。

さてどんなメニューにしようか、
気持ちばかりは涼しく寒い季節のころへ。
[PR]
残暑がまだまだ厳しい8月29日(日)。
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室vol.02を行いました。

今回の参加者の方は、瀬戸の方と名古屋市内の方と半分半分。
この暑い日中に、近くからも遠くからも来てくださって、
本当にうれしく思います。

d0177849_15275911.jpg

皆さんの料理風景。
盛りつけに入り、もうすぐできあがりです。


d0177849_15285241.jpg

今回のメニューのひとつであるピクルス。
持ち寄ってもらった空きビンに、
ひとり分ずつ詰めています。
ビンに切りそろえられた野菜がおさまっていきます。
きれいです。


d0177849_1529664.jpg

本日のメニューです。
・豆豆タコライス
  チリビーンズ+豆腐マヨネーズ+きゅうり
   +アーモンドスライス on 押麦入りごはん
・ささげとひじきのもちきびサラダ
・夏野菜のピクルス
  きゅうり+人参+ゴーヤ
   同じピクルス液で漬けておいた豆ピクルスも


d0177849_1530494.jpg

テーブルにずらっと並べて、みんなで「いただきます」!


今回のおやつは、かぼちゃ・さつま芋・いちぢくのはちみつ煮。
いちぢくが溶け込んで、ジャムのように野菜をまとめてくれています。

d0177849_15303240.jpg

毎回、多めに用意しておいた鬱蒼農園さんのお野菜を
みなさんにお分けしています。
元気な夏野菜がそろいました。


1回目に引き続き、暑いなかの料理教室。
みなさんこの暑さのなか、本当にありがとうございました。


d0177849_15352373.jpg

これは1回目のときの写真。
右のお花は、山仲間たちによるお祝い。
「祝開店」にはやられました。うれしかったなー。
[PR]