<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お申込み数が定員となりましたので、締切りました。
キャンセル待ちでしたら受付させていただきますので、
ご連絡くださいませ。

2012.09.26
=====
にわかなココロミ縫いもの時間、
第4弾はお待ちかねのスカートを作ります。

身に着けるもので作れるようになりたいものと言えば、
スカートを上位にあげる方は多いのではないでしょうか。

手作りしたい、でもいかにも手作りな感じも・・・、と思ったりするのですが、
そんなぜいたくな手作り心に応えてくれるのが、
今回作る、このバルーンスカート。

d0177849_9362712.jpg

基本のギャザースカートの裾にゴムが入っています↑

d0177849_9372116.jpg

サイドのひもがポイント↑

ひもの絞り具合をゆるめると、また表情が変わります↓
d0177849_9381323.jpg


裾にゴムを入れなければ、シンプルなスカートにもなるので、
幾通りにも楽しめます。


今回も、ちくちくちくちくとひたすらに縫うことになるでしょう。
心地いいこの季節にぴったり。

お早めにお申し込みくださいませ。

-------------------
庭禾 × cocoromi

にわかなココロミ
縫いもの時間vol.04 バルーンスカート

自分の手で、縫ってみる。
手縫いで作る、暮らしの品々。

cocoromiこと松崎宏美さんと一緒に、
身につけるものや日用品を手縫いで作ります。
休日の午後のひととき、庭禾特製のおやつとお茶で一息つきながら、
毎回ひとつずつ仕上げていきます。

第4回は、裾にゴムを通したバルーン型のスカート。
きゅっと絞ったり、ゆる~く絞ったりと、絞り具合で表情が変わるスカートです。
シンプルなつくりのギャザースカートをベースにしているので、
裾のゴムを入れなければ、ベーシックなスカートにもなります。

やってみたいけど、なかなか始められずにいる初心者でも大丈夫。
お気軽にご参加ください。

---------
概要

日時:2012年10月14(日)13:00~17:00
場所:瀬戸市 庭禾
参加費:3,000円 *おやつ・ドリンク付き
参加定員:6人

持ち物:
*布によってずいぶんと感じが変わります。布選びに迷ったら、ご連絡ください。
 ○ 布(麻や綿):110㎝幅×1.8m
   ※水通しと地直しをしてお持ちください。
    やり方は、ページのいちばん下をご覧ください。
 ○ひも(麻や綿テープ):1㎝幅×70㎝
   ※グログランリボンなどでもOK
 ○手縫い糸 ※こちらでも用意しますが、使いたい色があればお持ちください。
 ○縫い針 ※あれば
 ○ハサミ(糸切り・裁ち切り) ※あれば

アクセス: 
 電車 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅より徒歩15分
 車  近くに市営駐車場があります。ご相談ください。

お申込み:
 下記のいずれかで、お名前・電話番号・メールアドレス・参加する回・
 参加人数・交通手段をお知らせください。
 会場となる場所をこちらからお知らせします。
お申込み:庭禾 堀田麻衣子
 e-mail:niwakalife★yahoo.co.jp  ←★を@に変えてください。
 TEL 090-1667-0178


Cocoromi  松崎宏美(まつざきひろみ)
1977年生まれ。自分のこころに正直に、できることをやってみよう!
をコンセプトに、持つことでワクワクするようなもの作りをしている。
お裁縫好きな母のもとで育ち、
スタイリストのアシスタントなど様々な仕事を経て、
30歳を期に洋服を学びに東京へ。
洋裁学校に通いながら、
アパレルデザインの事務所に勤務し洋服作りを学ぶ。
現在は1歳の娘の身に付けるもの、暮らしの中で使うものを作る日々。
夢は老若男女、皆が集まる素敵な空間をつくること。

====
○布の水通しと地直しについて
天然素材の綿や麻は特に洗濯で縮みます。
縫う前に、水通しをして収縮させ、
アイロンで縦と横のゆがみを直す地直しをしておくと
美しく仕上がります。

*やり方
1.布を1時間ほど水に漬けておきます。
2.軽くしぼって陰干しし、生乾きのまま裏側からアイロンをかけます。


-------------------------------------------
Care of the earth, Care of the people, Fair share
[PR]
いずれの回もお申込みを締め切りました。
2012.09.24
===
・9/30(日)の回は、まだ受付中です。
お早めにお申し込みくださいませ。
・10/3(水)の回は、お申込みを締め切りました。
キャンセル待ちは受付けています。

2012.09.

d0177849_10233613.jpg

いんげん豆のドライトマト炒め

===
朝晩の風がすっかりと秋めいてきました。
一年のなかでもとりわけ好きな季節です。

夏の間お休みしていた料理教室を再開します。
今年は6月もお休みさせていただいたので、
なんと3ヶ月ぶり。

また楽しい時間を過ごせたらと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。
2012.09.04
----------------------------------------
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室 vol.19
①9/30(日)10:30~13:30 定員6名
②10/3(水)10:30~13:30 定員4名 *子連れOKの回

 *受付 10:15~

*メニュー *今回は豆の回です。
・いんげん豆のドライトマト炒め
・青菜と蕎麦のサラダ
・秋なすのピカタ ピーナッツ味噌ソース
・かぼちゃのスパイススープ

★すべてのメニューを一から作る、実践スタイルです。

場所:瀬戸 庭禾
参加費:1回 3,500円
持ち物:エプロン、お持ち帰り用のタッパー(残った場合用に)
アクセス: 
 電車 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅より徒歩15分
 車  近くに市営駐車場があります。ご相談ください。
お申込み:
 下記のいずれかで、お名前・電話番号・メールアドレス・参加する回・
 参加人数(お子さまの人数・年齢も)・交通手段をお知らせください。
 会場となる場所をこちらからお知らせします。
お申込み:庭禾 堀田麻衣子
 e-mail:niwakalife★yahoo.co.jp  ←★を@に変えてください。
 TEL 090-1667-0178

※少人数制となっております。
 直前のキャンセルは、できるだけお控えいただきますよう
 お願いいたします。
-------------------------------------------
Care of the earth, Care of the people, Fair share
[PR]
あとお一人、空きがあります。
ご希望の方は、お早めにご連絡くださいませ。
2012.09.17
===

衣食住、自分の暮らしを作っていくなかで、
次に身につけていきたいことのひとつが、DIYの分野。

自分の欲しいサイズの家具を作ったり、家のなかのちょっとした修繕だったり。
なんでも作るお父さんのように、
さささーっと思うように作れたら、どんなに便利で楽しいだろうと思うのです。

でも、組み立てを考えたり、木を切ったり、釘を打ったりは
どうしてもハードルが高く感じます。


そこで、念願の家具作りの会を庭禾で始めることと相成りました。
私のような、超超初心者でも作れる家具を、
きっと家具職人では珍しい、女性の職人、酒井名月さんに教えていただきます。

自分でできることがまたひとつ増えていくだろう予感に
ワクワクしています。

少人数の会です。
どうぞお早めにお申し込みくださいませ。

-----
庭禾 × 酒井名月

にわか家具作り
vol.01 ミニテーブル

d0177849_16563774.jpg

d0177849_16564177.jpg


自分の使うものだから、ちょっとぐらい歪んだっていい。
作ることを楽しむ、DIY教室。


日々モノ作りに勤しむ酒井名月さんから、
超初心者向けの家具作りを教えてもらいます。
暮らしに役立つ家具やあるとちょっと嬉しくなるものを、
木工の基本をおさえながら、一人ひとつずつ仕上げていきます。

作業の合間には、庭禾特製のおやつとお茶でほっと一息。

トンカチさえ握ったことない!というひとでも、もちろん大丈夫。
お気軽にご参加下さい。


第1回は、椅子にも飾り台としても使える、使い勝手のいいミニテーブル。
サイズは、W 260×D 260×H 270。
仕上げに塗料やオイルを塗って、自分好みの色合いに仕上げます。

このテーブルには木工の基本がつまっているので、
ひとつ仕上げてみると、ぐっと家具作りが身近になります。


概要

日時:2012年9月23日(日)13:00~17:00
場所:瀬戸 庭禾
参加費:3,500円 *おやつ・ドリンク付き
参加定員:4人

持ち物:
 汚れるのが気になる方はエプロン、
 お持ちの方は金槌・メジャーをお持ちください。

アクセス: 
 電車 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅より徒歩15分
 車  近くに市営駐車場があります。ご相談ください。

お申込み:
 下記のいずれかで、お名前・電話番号・メールアドレス・参加する回・
 参加人数・交通手段をお知らせください。
 会場となる場所をこちらからお知らせします。
お申込み:庭禾 堀田麻衣子
 e-mail:niwakalife★yahoo.co.jp  ←★を@に変えてください。
 TEL 090-1667-0178

酒井名月(さかい なつき)
1977年生まれ。デザインの専門学校を卒業後、名古屋市内のデザイン事務所に就職。
主に3Dデータを作成し、10年間プロダクトデザインの仕事に携わる。
その後、会社の解散をきっかけに気分を新たに家具職人の道へと転換。
画面の中でのモノづくりから、自分の手でのモノづくりへ…。

職人歴4年目の未熟者ではありますが、
モノづくりの楽しさを一緒に体験できたらうれしいです。

d0177849_16574830.jpg

d0177849_16582044.jpg
d0177849_16582460.jpg

[PR]
友だちと予定するも、土曜日の天気予報がイマイチだったので、
日帰りで八ヶ岳へ。

硫黄岳は、5~6年前に初めての冬山で行ったっけ。
つるっつるに滑る登山道と、吹雪に見舞われた頂上付近のすごい寒さが
記憶に残っている。

それでもあのときは、大所帯でワイワイと登ったので
あんまり怖さは感じなかったな。


久しぶりの八ヶ岳は、人も少なく静か。
2泊山行をしたばかりだからか、すいすい登れる。
やっぱり山体力って、ほんとあるよなあと実感。

2012年9月9日(日)

08:30 美濃戸山荘
10:15 赤岳鉱泉
12:00 硫黄岳頂上〈2742m〉
      お昼ごはん

13:00 頂上出発
15:15 美濃戸山荘


d0177849_21571816.jpg

赤岳というだけあってか、川の水が赤い。
細い清水の沢もしっかり赤く、陽の光に照らされて
飴色に見えた。

d0177849_21591442.jpg

赤岳鉱泉。
テン場は小さいけど眺めがよく、小屋の雰囲気もいい。
ここを拠点に縦走するのもよさそう。

d0177849_220143.jpg
d0177849_21593338.jpg


d0177849_2211153.jpg

広い頂上に多過ぎない人。
のんびりしたお昼ごはんを楽しむ。

お風呂は、樅の木荘
温泉らしい泉質で気持ちがいい。


帰りは駒ケ根に寄り、
伊那にいたころにとてもお世話になっていた
自然食品店「桜屋」さんでごはんをごちそうになる。

ずっとお会いしたかった桜屋さん。
お元気そうで、あいかわらず素敵で、かわいらしくて。

お顔を見たら、なんだかほっとした。


d0177849_22123850.jpg
d0177849_22121389.jpg

心のこもったお料理の数々。
3種類のおはぎもずらり。

嬉しくて、おいしくて、
山から降りてきた熊みたいに(?)、私たちはどんどんたいらげた。

久しぶりに会ったYちゃん、桜屋さんのご家族。
伊那谷に暮らしていた頃の感じがふわっとよみがえり、
懐かしくて、ちょっと切ない気持ちに包まれた。

ほんと、幸せなところに
私は暮らしていたんだなあと、しみじみと思う。


また山の帰りに、懐かしいお顔を見に行こう。
[PR]
今年のせとものまつり。

作家さんたちの出展がきゅっと集まった
「せとものまつり作家テント村」が行われています。
待ってました!という感じです。
http://blog.livedoor.jp/k2ez-011/archives/6572666.html

場所は、末広商店街のコミュニティせと末広亭の隣。

大通りの喧騒から離れて、ゆったりと作品を見ることができます。
せとものまつりにお出かけになる方は、
ここを訪れないともったいないです。おすすめです!

銀座通り商店街から上にあがった“やきもの長屋”にある
ギャラリーくれいでは、「方々の豆皿 マシコ@瀬戸」展も開催中。
こちらも見逃せません。
http://claynagaya.blog102.fc2.com/
[PR]
d0177849_129849.jpg

鬱蒼農園さんのご自宅のお庭に咲いていた、
大輪の花オクラ。

ちょうどいいわね、と2輪いただいた。
少し南国っぽい雰囲気のクリーム色の花。

きれいで食べるのがもったいないが、
さっと湯がくか、生で細かく刻んでいただこう。

穏やかなぬめりが、おいしんだよね。
[PR]
by niwakalife | 2012-09-01 12:10 | 食べもの