「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

野菜と豆と雑穀のにわか料理教室vol.33
の①6/29(日)はまだ空きがあります。

詳しくは、こちらまで。



[PR]
ユノネホウボウに毎年出店しているkohaさんで飲んだ
レモンサイダーがすごくおいしかった。

作り方を教えてもらったので作ってみる。

無農薬レモンをスライスして一晩凍らせ、
氷砂糖と交互に詰めて溶けるのを待つだけ。
氷砂糖はてんさい糖を原料にしたものにしてみた。
d0177849_09401651.jpg
で、コーディアルの本に載っていたのをこれまた真似して、
庭のラベンダーの花をドライにして加えてみる。
これはお茶パックに詰めて加える。
d0177849_09405191.jpg

ラベンダーの紫がレモンの酸と反応してピンクになるのだとか。

d0177849_09405878.jpg
レモンと半透明の氷砂糖の層。なんてきれいなこと。
暑過ぎるのは困りものだけど、
こういう飲み物は暑い季節をいいものだと思わせてくれる。

できあがりが楽しみだ。

d0177849_09405485.jpg





[PR]
by niwakalife | 2014-06-19 09:45 | 食べもの
①6/29(日)は受付中。

②7/1(火)、③7/2(水)の回は、
お申込者数が定員となったため
締め切りました。
2014.6.10
---
夏がもうすぐそこまで、というか
もう夏なのでは?という日々が始まっていますね。

料理教室は、今回行ったあと、
夏のあいだはお休みとなります。

今回は夏に向けたカレーを中心としたメニューです。
ご参加をお待ちしております。
2014.6.3
--------
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室 vol.33
d0177849_21450185.jpg
①6/29(日)10:30~13:30 定員6名
②7/1(火)10:30~13:30 定員4名 *子連れOKの回
③7/2(水)10:30~13:30 定員4名 *子連れOKの回 
 
 *受付 10:15~
 *上記以外の日程でも、4名様以上で別日程の開催を受け付けますので、
   お友達同士などの回をご希望の方は、ご連絡ください。

*メニュー *今回は豆の回です。
・夏の豆カレー
・チャパティ
・玉ねぎのレーズン煮
・ベジ サジキ(水切りヨーグルトときゅうりのディップをベジ仕様で)


★すべてのメニューを一から作る、実践スタイルです。

場所:瀬戸 庭禾
参加費:お一人 3,500円
持ち物:エプロン、お持ち帰り用のタッパー(残った場合用に。複数あると便利。)
アクセス: 
 電車 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅より徒歩15分
 車  近くに市営駐車場があります。ご相談ください。
お申込み:
 下記のいずれかで、お名前・電話番号・メールアドレス・参加する回・
 参加人数(お子さまの人数・年齢も)・交通手段をお知らせください。
 会場となる場所をこちらからお知らせします。
お申込み:庭禾 堀田麻衣子
 e-mail:niwakalife★yahoo.co.jp  ←★を@に変えてください。
 TEL 090-1667-0178

※少人数制となっております。
 直前のキャンセルは、できるだけお控えいただきますよう
 お願いいたします。
-------------------------------------------
Care of the earth, Care of the people, Fair share




[PR]
庭禾でのはじめてのお灸教室を行いました。
d0177849_16050815.jpg
講師は、安来庵の千葉啓広さん。
鍼灸師の道から今はまちづくりの仕事もしている、
ちょっと変わった経歴の持ち主。

まずは座学から。

お灸はなにからできているのか?から始まり、
日本でのお灸の歴史や東洋医学のこと、そしてツボや経絡の話と続きます。
その世界は奥深く、
長い時間と人々の経験知の積み重ねのうえに
できているケアの方法であるのだと知りました。

d0177849_16052405.jpg
お灸の原料であるもぐさ、つまりヨモギ。
葉っぱではなく、葉の裏に生えている細かな毛が原料とは!
いったいお灸ひとつになるのに、どれだけのヨモギがいることか…。

d0177849_16053643.jpg
d0177849_16053918.jpg
こちらは昔ながらのお灸。
もぐさを丸めて置いて使うのだそう。もぐさと線香のいい香りが漂います。

d0177849_16054275.jpg
今回みんなが使うのは台座灸。
いろいろなメーカーがあり、強さも幅広くあるそう。

d0177849_16054567.jpg
座学のあとは、いよいよお灸をすえます。
まずはツボの取り方から。
ここかな?という場所に自分でマークをつけたあと先生にみてもらいます。
合ってるときもあるし、
先生にみてもらうと、そうだそっちだ、となることもあります。
この比較がとてもおもしろかったです。

そしてツボは日々、場所が変わることもあるのだそうで、
からだって、ほんとうに日々変化しているんだなあとつくづくと思います。

d0177849_16054805.jpg
d0177849_16154086.jpg


d0177849_16055068.jpg
お灸をしたあとは、しばしシャバアーサナ。
シャバアーサナはヨガの最後にも行うものですが、
今回はお灸をしたからだの変化を静かに感じてもらおうと、
取り入れてもらいました。
千葉さんがガイドしてくれたのは、按腹微笑気功というもので、
微笑し、その微笑みが全身の隅々までゆきわたるのをイメージするというもの。

お灸と気功とヨガと。
繋がっているなあと思います。

d0177849_16055252.jpg
最後にお茶タイム。
三年番茶とよもぎを半々で煮出した温かいお茶に、
白いんげん豆のあんとカルダモン風味の苺ジャムを敷きこんだ
タルトをご用意しました。

お灸でじんわりと体が温まり、ゆるみ、
よもぎのお茶が沁みわたるようでした。


セルフケアをしていきたいと常々思っているのですが、
お灸というのはなにより手軽だし、
そのすえている時間そのものが自分の状態を見つめ感じる時間になるので、
セルフケアにはもってこいの術だと思いました。

自分の生活を自分でケアする術をまたひとつ手に入れた気がして
とてもうれしくなります。

千葉さん、参加者の皆さん、
どうもありがとうございました。

初級編をきっと企画しますので、
どうぞそのときは、またよろしくお願いします!








[PR]
その後、受付終了しました↓

キャンセルが出ましたので、
あとおひとり、受付中です。
2014.6.11
---
お申込み数が定員に達したため、お申込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、ご連絡くださいませ。
2014.5.7

-----
庭禾×安来庵

にわかお灸教室 -入門編
d0177849_15590865.jpg
庭禾でお灸教室を始めます。

日々のちょっとした不調を、
その都度自分で整えていけるようになりたいと思います。

不調をため込んで、病院に駆け込む前に、
ちょっと調子が悪いなというあたりで自分でケアをする。
なにより、そうやって自分の体の声に
耳を傾ける習慣というものを身に付けて、
いつも心身ともに元気に心地よくあれたらと思うのです。

そんなセルフケアの方法のひとつには、
古くから日本人に馴染みのあるお灸があります。

今は鍼灸院などで施術してもらうもののようになっていますが、
実はちょっとしたコツをつかめば、
誰でも日々の健やかな生活に活かせる便利な方法なのです。

ということで、
安来庵こと鍼灸師・千葉啓広さんにお灸教室をお願いしました。

今回の入門編では、
そもそもお灸って?ツボって?という基本のきを学ぶ座学にはじまり、
実際にお灸を自分でやってみる実践編までを
分かりやすく教えてもらいます。

実践編では、
冷えや便秘、生理痛…と女性に多い悩みにも働きかける、
まずは覚えたいツボに自分でお灸をすえてみます。

お持ち帰り用のお灸もいただけるとのことなので、
その日からお灸ライフのはじまりまです!

また、今回も庭禾よりおやつとお茶をお出しします。

お灸をすえる静かな時間とゆったりとしたお茶タイム。
心と身体を整えるヒントがきっとあるはずです。
お灸はしたことがないという方でも、どうぞお気軽にご参加ください。

2014.4.29

---安来庵さんより---
お灸は古くから民間でも親しまれてきた手当〔セルフケア〕ですが、
「熱い」とか「怖い」と感じている方も多いと思います。
でも最近は、より安全なタイプのお灸の登場により、
ずっと身近なものになっています。

実際に、お灸をしながら、自分の心と身体に向き合う時間は、
穏やかでリラックスできる時間だと、きっと気づくと思います。
忙しい日々の中、丁寧に暮らすことは簡単ではありません。
それでも、時々は自分の心と体、そして暮らし方に向き合って、
ひと手間かけた暮らしを取り戻せる時間を持てたならと思っています。

今回は入門編としてツボの探し方や安全なお灸の仕方をご紹介しながら、
お灸のあるシンプルな暮らしについて
皆さんと一緒に共有できたらと思っています。

-------
にわかお灸教室 -入門編
日時:2014年6月15日(日)13:30~16:00
 *受付 13:15~
場所:瀬戸 庭禾 *地図をお送りします。
参加費:3,000円  *持ち帰り用お灸・庭禾特製おやつ&お茶 付き
参加定員:6人
持ち物:筆記用具
アクセス:
 電車 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅より徒歩15分
 車  近くに市営駐車場があります。ご案内します。

お申込み:
 メールかお電話のいずれかで、参加する会の名前・お名前・電話番号・
 メールアドレス・参加人数をお知らせください。
 ※少人数制となっています。直前のキャンセルは
  お控えいただきますようお願いいたします。

お申込み:庭禾 堀田麻衣子
e-mail:niwakalife★yahoo.co.jp  ←★を@に変えて下さい。
TEL 090-1667-0178


-----
安来庵(あんこあん)プロフィール
鍼灸師 千葉啓広

1974年 東京出身の神奈川育ち、その後滋賀を経て現在は名古屋市在住

鍼灸師として歩み始めて10数年。
ヒトが健やかに暮らせること、そのベースには一人ひとりの健康だけではなく、
私たちを取り巻く自然やまちも健やかであることが必要なのではないかと
いつしか考えるようになりました。

その後、大学でまちづくりについて学び、
今は名古屋港のまちづくりに関わりながら、
ヒトとまち、ヒトと自然がともに健やかであるために、
何が大切なのか、実践しながら考えています。

心と体の健やかさを保つために、
無理なく自然体でひと手間かけた暮らし方ができないか?
鍼灸師として、そしてまちづくりの視点から
皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

-------------------------------
Care of the earth,Care of the people,
Fair share.
 



[PR]
瀬戸のやきものフェア「ユノネホウボウ2014」が、
今年も明日から3日間、開催されます。

私は、今年は出店はしないのですが、
実行委員として現場に3日間おります。

今年から、会場を
招き猫ミュージアム横のコインパーキング「Mパーク」と
それに隣接する末広商店街のニコニコ広場に移しての開催です。

出店者数も去年よりぐっと増え、
より見応えのあるやきものフェアになりそうです。

お天気があまりよくなさそうですが、
しっとりとした雰囲気のなか、やきものを見るのもいいかなと思います。
雨のあいまを狙って、ぜひお出かけください!

今年は、アートウォークホウボウも規模が拡大、
それにツタワルテシゴトも同時開催です。

---
ユノネホウボウ2014
2014.6.6(金)~8(日)10:00~17:00
会場:Mパーク、ニコニコ広場

Art walkホウボウ
2014.5.31(土)~6.8(日)
会場:銀座通り商店街、末広商店街

ツタワルテシゴト
2014.6.6(金)~8(日)10:00~17:00
会場:宮川モール






[PR]
空豆、グリーンピース、スナックエンドウ。
この季節は豆シーズン。

今年はいつも以上に、おいしい豆をたくさんいただいている。
自分でも食べているし、
料理教室やケータリングなどにもどんどん使っているのだ。

フレッシュな緑の豆があるだけで、
まわりまで瑞々しくなっていく気がする。


d0177849_10541983.jpg
ある日のお昼ごはんは、
空豆と出始めのズッキーニ、アンチョビでパスタに。

[PR]
by niwakalife | 2014-06-02 10:54 | 食べもの
野菜と豆と雑穀のにわか料理教室 vol.32を行いました。

今回は、3回予定していたのですが、
久しぶりにしっかりとした風邪を引いてしまい、
最後の1回は急きょ、お休みとさせていただきました。

お申込みをいただいていた皆さまには、大変申し訳なかったです。
体調管理のできていない自分に猛反省をしております。

今後はよりしっかりと、自分の体へ目を向けて
ここぞというときに力を出せるように調子を整えていこうと
心新たにいたしました。


今回のメニューです。今回は雑穀の回でした。
・黒米のライスコロッケ バジル風味
・じゃがいもパンケーキの野菜ロール
・おかひじきと春雨のナッツサラダ
・スナップエンドウのグリーンポタージュ
d0177849_10390997.jpg

d0177849_10385732.jpg
d0177849_10390358.jpg
d0177849_10390083.jpg
d0177849_10402502.jpg
d0177849_10390754.jpg
今回のおやつは、小豆とドライフルーツあんで作ったタルトでした。

クッキーサンドにしていたあんのストックがあったので
タルトにしてみました。
こっくりとしたあんに負けない、ざっくりしっかり目のタルト生地に。
まさにデザートというより、おやつ、な感じです。

たくさん火を使うと暑くなってきました。
料理教室は来月行ったら夏休みに入ります。


今回もお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
そして、中止になりご参加いただけなかった皆さま、
本当に申し訳ありませんでした。

今後は中止などということのないよう、
いろいろと万全にしていきたいと思います。






[PR]