2014年11月の予定一覧です。

今月は、イベント出店と出張料理教室をしてまいります。

出店場所:しなのエリア 水義製陶所駐車場
出店時間:10時ごろ~16時

 *ごはんもの、スイーツ、コーヒーなどドリンクをご用意する予定です。


「コミュニティガーデンの散策とハーブを使ったナチュラルクッキング」

日時:11/29(土)10:00〜12:00
場所:港まちづくり協議会
   (名古屋市港区 市営地下鉄名港線「築地口」駅より徒歩2分)
参加費:300円
※事前申し込みが必要です。お申込みはこちらから願いします。




[PR]
ミラクルファクトリーの青木さんへの依頼したなかでも
ドキドキワクワクだったカウンターの基礎作り。

建物に入ったときに、おそらくいちばんに目につくであろうカウンター。
ここの土間はなかなかに水平が取れないので、
どうやってカウンターの足を作ろうかと思案した結果、
ブロックとモルタルで水平を取りながら基礎を作ろうということになった。

基本的に私となっちゃんでやるので指導をお願いします
と言ったものの、
結局は青木さんも一緒に作業をしてくれることに。ほっ。

まずは水平出し。レーザーの超便利な機械でレベルを見ながら
ブロックの頭のラインとなる水平位置を出し、
水糸を張る。
d0177849_09011258.jpg
d0177849_09021300.jpg

土間にドリルで穴を開け、通称“ずんぎり”という鉄の棒を打ち込む。
そして、水糸ラインに揃うように下に端材で作ったくさびを挟み込み、
微調整をしながらブロックを並べていく。
d0177849_09050150.jpg
d0177849_09084420.jpg

そしてモルタル練り。
混ぜる青木さん、バケツを抑える私たち、の図。
d0177849_09093523.jpg
私もこのモルタル混ぜをしてみたが、
4回やったら、一日分のエネルギーを使い果たしたかというくらいの
全身疲労に襲われた…。


練ったモルタルをブロックの穴に詰めていく。これがなんとも楽しい。
d0177849_09112826.jpg

横から見た図。
水平、取れてる取れてるー!
d0177849_09132409.jpg


二日目にくさびを取り外し、
モルタルでくさび穴を埋めて仕上げる。これで完成!
d0177849_09132833.jpg


ガスや水の配管をした後の埋め作業は、
経費節減のため、設備業者さんへお願いして自分たちでやることに。
カウンター基礎のついでに、同じモルタルで埋めていく。
d0177849_09152810.jpg
d0177849_09153145.jpg
左官作業は初めてだったけれど、これは楽しい。
いつまでもコテでならしてしまう。

数ある作業のなかで、ひとつの大物が終わったーという感じ。
人生初のことばかりで、とてもおもしろかった。



[PR]
窓の外の景色を眺めながら料理がしたい。
自分の場を作るにあたって、まずいちばんに浮かぶ望みがこれだった。

空や雲の変化、木々の緑なんかをそこに感じながら料理するのと
そうじゃないのとでは、
自分の心持が断然違うし、
だから料理の仕上がりにも違いが出るのではないかと思う。


そして、楽しみにしていた窓開けがやってきた。
今回の大工仕事をお願いしたのは、
オルタナティブ大工を自称する、ミラクルファクトリーの青木さん。
インストーラーと呼ばれるアート作品の設営技術者でもある。

d0177849_07255203.jpg

窓の位置とサイズを決め、壁の構造と材質をチェックしたのち、
壁を切り出す青木さん。


d0177849_07255556.jpg

大きな音と粉塵をもわもわとあげながら、
壁が切り取られていく。
思い切りと細やかな注意力が必要なのだろうと、見ていて思う。


d0177849_07261129.jpg

そして、2つの窓の穴が開けられた。
室内にたっぷりと光が差し込んだ。

d0177849_07261536.jpg

これが開ける前。


d0177849_07265746.jpg

建具を用意し、ここに窓をはめる。どんな風になるんだろうか。
窓は外との繋がりを強くするということを、今更ながら実感した。


d0177849_07260706.jpg

いろいろメンバーが集まり、にぎやかなお昼タイム。
カメラ目線の青木さん。

d0177849_07260533.jpg

この日は、札幌から送られてきた生鮭でちゃんちゃん焼き。


d0177849_07261838.jpg

水漏れで腐っていたもうひとつのキッチン部屋の壁を
修繕中の青木さん。
身軽な身のこなしでなんだか楽しそうだ。


次は厨房のカウンターの基礎作り。
人生初めてのモルタルを扱う予定。楽しみだ。
[PR]
床材の厚さの都合で、
最後の2枚をはめるのに苦労したオーク材の部屋。

張り始めて3日目。
なっちゃんの試行錯誤の末、めでたく完成!
こりゃ、暮らしていくうちに
どうその風合いが変化していくのか楽しみだ。

d0177849_06582175.jpg
d0177849_06582384.jpg
d0177849_06582671.jpg
d0177849_06582762.jpg



[PR]
ちょうどペンキを塗り終えたころに
床板が届いた。

どどーん。
d0177849_21155248.jpg
パイン材がオーク材。
目の前に仕事の山が積みあがった感じ。プレッシャー。


で、まずは練習も兼ねてパイン材の方から。
部屋の幅に材をカットし、板を並べ、白ボンドを下の合板に少しだけのせ、
タッカーで打っていく。
d0177849_21161392.jpg
d0177849_21162075.jpg
空気圧で釘が飛び出るタッカー。
初めての私はそのプシュッという音と反動にびびっていたけど、
そのうちに慣れていき、なんとか狙ったところに打てるようになった。

にしても中腰や膝立て姿勢で横移動を繰り返すので、
膝や股関節がどうにも疲れるし痛い。
これは足腰が鍛えられる。

なっちゃんも私も床張り初体験のため、
手探りの作業だったけど、
パイン材のを張る3部屋のうち、2部屋が無事に完了
1日は助っ人がひとり参加してくれて、都合2日間かかった。
d0177849_21163251.jpg


お次のオーク材を張る部屋は、もともと畳部屋だったのか、
ちょっと変わったことになっていて、
合板の上に厚さ4㎝の根太が渡っている。

まずはその間に断熱材のグラスウールを敷き込む。
d0177849_21224282.jpg

で、パイン材同様に板を張っていくのだけれど、
パイン材は幅13㎝、このオーク材は5.5㎝なので
張っても張っても進んだ感がないー。
しかも足場が悪く作業もしにくい。板は堅い。おまけに乱尺。

どうなることやらと思ったけれど、
それでも慣れてきて、なんとか進む。
d0177849_21224508.jpg

d0177849_21224784.jpg
オーク材、やっぱりいい。奮発した甲斐がある。
しばらくは無塗装でいき、様子を見てオイルを塗ってもいいかも。
こちらはひと部屋をふたりで2日間と少し。
明日、最後の2列を仕上げれば完了!


たまにはのせておこう。
今日のお昼ごはん。
ごはん、2種の芋のドライトマト炒め、四角豆のピーナッツ和え。
d0177849_21411435.jpg



[PR]