青木湖へ

久しぶりにのんびりキャンプもいいねと、
友だちとふたり、青木湖へ。

青木湖へ行ったのは、かれこれ6年も前になる。
万博で働いていたあの忙しいさなか、
会場のいろんな組織に属する人たちで作った「山部」仲間で
唐松に登り、湖畔でキャンプ。
早朝に湖畔を出て、
そのままあのお祭り騒ぎの万博へ戻り、仕事に出たっけ。

みーんなハードに仕事をしていて、それでも遊ぶのが楽しくて。
そんな思い出ばかりがよみがえる。


シーズンの終わった青木湖はキャンプをする人も少なく、
とても静か。
紅葉が少しずつ始まっていた。
d0177849_22225734.jpg
d0177849_2223548.jpg
d0177849_22231595.jpg
d0177849_22232230.jpg



d0177849_2226984.jpg

日が傾いた途端に寒くなる湖畔。火は欠かせない。
火って、焚火って、なんでこんなにも目が離せなくなるんだろうね。
ずーっと見ちゃう。世話をする手が止められない。きりがない。

d0177849_22303334.jpg

なんて言いながら、火の前に座っての夕飯。
試したかった一鍋クッキングで作るパスタ。それにスープ。
一鍋パスタ。うん、こりゃ山で十分にいける。

仕事に行くため、早朝にテントをたたんで出発。あのときみたい。
d0177849_22313332.jpg
d0177849_22312646.jpg

静かな水辺。湖面を渡る朝もやに明けの明星。
これを味わうだけでもう、来たかいがあるというもの。
こういうどーんと広くて大きくて静かなところには、
やっぱり時々来るべきだよなあ。
少なくとも、私には絶対に必要であることを、改めて思う。
[PR]